北海道 終

後半はやや気温があがった。
ルスツ、旭岳、そして再度ニセコへ戻る。

そして昨日深夜にPJと岐阜に到着した。
体力が怪しい後半だったが、怪我することもトラブルもなく(厳密に言うとちょっとした怪我でPJを倶知安の病院に連れて行った)そして1日もオフをとることもなく、北海道滞在を終了した。
移動距離2000km。
短くて長い旅だった。

北海道は雄大だった。独特の静けさみたいなものがあった。
ほんの10日あまりの滞在だけど、ぼくの知ってるヨーロッパの山とは全く違う印象を受けた。
森林限界のアルプスばかりを滑ってきた経験は、あまり生かされなかったような気もした。
叩いて飛ぶ。
そういったものはここでは必要がないような気がした。
それは繊細なライディングが必要で、かつ流れの中のスノーボードというものを再認識できた気がした。

最高だった。

ニセコ とりあえず記



写真と本文関係なし

2月21日 PP モービル PNT 半端ない
2月22日 ニセコ東山 ピーク~PNT 
      ニセコひらふ ピーク付近~PNT
      ニセコ花園 パーク パイプバーチカル半端ない ジャンプいい 3連 最大16
      ニセコひらふ プライベートナイター 圧雪もやっぱいい

ニセコに最後に来たのは10年くらい前のワールド戦帰り。
札幌で車上荒らしに遭って2戦目に出れないという、嫌な思い出が残った。
フェリーに乗る前にどこかで滑ろうと思って来たのがニセコ。

古かったゴンドラも、体の大きなオージーに合わせて新調してあった。
外観や雰囲気はガラっと変わったけど、山は変わらずすごくいい。
毎日こんなに当てていいんだろうか。

今日から気温は一気にあがり、小康状態となった。
パウダーセッションはこれでとりあえず引きに入るだろうか。
残り少ない日数と体力でパークをやっつければ感無量。

横浜→妙高

横浜と妙高を後にして、今日から北海道に入った。
横浜では展示会を3日間ぶじに消化。






新しいモデルも加わって、いい感じのラインナップ。
中央のラスタカラーが入ってるやつがそれ。
UNDER GROUND ARMY
妙高にはDEATH LABELのイリエとスウェーデンから来たPJと3人で向かった。

そこで赤倉をホームにしているhumming birdのケイくんが、赤倉観光のパウダーを案内ドしてくれて、展示会から一度湯沢に帰宅した達也もそこに加わった。
最高の1日だったし、とてつもない雪の量だった。

妙高は1日というショートステイ、翌朝は猛吹雪の高速を新潟港へ走らせた。
翌朝5時に苫小牧東港に到着。
ぼくとイリエ、PJの3人で冬の日本海の揺れを味わった。
今日は港からそのままルスツへと向かい、久しぶりの太陽を浴びた。
ルスツがホームのイリエと、今回の旅ではウイングヒルズまで一緒のPJと滑った。

妙高やルスツ、それぞれの山を知っているライダーと滑ることはとても贅沢なことだと思う。
今日は札幌のイリエ宅でお世話になって明日はニセコだ。



妙高での出発の朝。
雪壁の高さはゆうにバスを超える高さだった。

シーズンアウト

こんにちは。
勇二郎です。
無事シーズンアウトして愛知へ戻りました。
完全にこっちは春。
昨日なんて名古屋の最高気温31度でした。

今シーズンは怪我もなく充実してたように思ってます。
友達や仲間に恵まれました。
リアルタイムでブログを書けなかったけど、そなへんは来年のプチ目標にしていこう。

蔵王への行きしな、皆で桜を見ていきました。
この後、向かった先の蔵王ではガンガン降雪だったのに、下では桜が満開。

諏訪、上越、湯沢、山形。
そして宮城で。

帰りの道中では日光、尾瀬、長野、木曽。
エンドレスの桜トリップを続けました。

最後、ネオインプレスのクルーで寄った宮城の一目千本桜は圧巻でした。
文字通り、一目で千本見られる大量の桜の木。
久々に帰ってきた地元では当然桜はとっくに散り、新緑が綺麗に芽生えてました。

近藤勇二郎

降雪の蔵王

こんにちは。
近藤勇二郎です。
前回の更新から間があきました。

今は宮城県、蔵王に来ています。
樹氷で知られる蔵王。

4月頭からスタートした白樺湖、武尊牧場、丸沼高原、奥只見、関温泉から流れてきたスノーボードもここ蔵王でトリップエンド。
ここに来てから、東北には一時的な低気圧、そして寒気が訪れました。

蔵王に到着当初、ベースの街は雨。
ひどい雨。
それが、山に向かって車を走らせると予想に大きく反して降雪。
それが昨日のことで、また昨晩も降雪。
2日連続で季節はずれパウダーでした。

スキー場は宮城蔵王すみかわスノーパークです。
コース規制のないゲレンデはフリーライディングの宝庫。

沢も、落ち込みも、ナチュラルパイプも使い方次第で最高のアイテム。

zao snow

近藤勇二郎